PROFILE
machiko shimada

島田真千子 (ヴァイオリン)

東京芸術大学附属音楽高等学校を経て98’年東京芸術大学を首席で卒業、安宅賞受賞。02’年デトモルト音楽
大学を最優秀の成績で卒業後、05’年には同大学院にてドイツ国家演奏家資格を取得。6年間ドイツに在住し
ヨーロッパ各地で研鑽を積む。

第44回全日本学生音楽コンクール全国大会中学校の部第1位、第7回日本モーツァルト音楽コンクール第1位、
第66回日本音楽コンクール第2位、第45回パガニーニ国際ヴァイオリンコンクールで特別賞、デトモルト音楽大学
DAAD賞コンクール1位、エリザベート王妃国際コンクールセミファイナリスト、第15回J.Sバッハ国際コンクール
第5位などのコンクール歴がある。

これまでに、アメリカ・アスペン音楽祭や宮崎国際室内楽音楽祭、倉敷音楽祭等に参加。
また1998年から2015年までサイトウキネンオーケストラのメンバーとして松本での音楽祭や
海外ツアーに参加、01’02’年にはバッハプログラムにソリストとして出演、録音CDが発売された。
2000年には東京文化会館、名古屋しらかわホールに於いて、初のソロリサイタルを開催し好評を博す。
01’年以降は、イーストウエストバロックアカデミーの公演でオランダ・コンセルトへボウホールを含む
日蘭ツアーにソリストとして参加、ベルリン・コンツェルトハウスの室内楽シリーズ出演やドイツ・ベルギー
でのリサイタル、南米チリでの室内楽ツアーに参加など、海外でも活躍。

05’年にドイツ留学から帰国後、国内ではソリストとして各地でのリサイタル開催や、名古屋フィルや
セントラル愛知響等と共演を重ねている。特に出身地である愛知県での活躍が認められ、
06’年愛知県芸術文化選奨文化賞を受賞、同年第1回名古屋音楽ペンクラブ賞を受賞。
09’年には名古屋市芸術奨励賞を受賞した。

近年は前記の活動に加え、各地オーケストラへのコンサートマスターとしての客演や、
沖縄での室内楽プロジェクトへの企画出演、室内楽マスタークラスの講師など教育活動にも携わる。
サイトウキネンオーケストラやヴェリタス弦楽四重奏団のメンバーとしても活躍し、
多彩な演奏活動を展開している。
2015年Altusレーベルよりバッハの無伴奏ソナタ&パルティータ集のCDをリリース、
2016年にはバッハ無伴奏6曲全曲のリサイタルで好評を博す。
2017年4月には2枚目となるCDヴィヴァルディ“四季”とチゴイネルワイゼンが発売された。

2017年現在、水戸室内管弦楽団のメンバーおよびセントラル愛知交響楽団ソロコンサートマスター。
NPO法人イエローエンジェルよりG.B.ガダニーニが1769年に製作したヴァイオリンを貸与されている。

これまでに、佐々木はるる、久保田良作、山岡耕筰、田中千香士、マルコリッチの各氏に師事、
室内楽をアイザック・スターン、今井信子の両氏に師事した他、ヘルマン・クレバース、ドロシー・ディレイ、
ライナー・クスマウル、店村眞積の各氏等にも師事し影響を受けた。
公式ホームページwww.machikoshimada.com


MACHIKO SHIMADA, violin

Born in Nagoya in 1975, Ms.Machiko Shimada graduated from Tokyo National University of Fine Arts and Music with the highest achievement in the class in 1998 and received Ataka prize at the same time.
After her study with Prof.Chikashi Tanaka, Shimada went on her study with Prof.Marco Rizzi at the Hochschule fur Musik Detmold in Germany. Since 1999 she has studied in Europe for 6 years and taken master class by Isaac Stern, Dorothy Delay, Reiner Kussmaul, Herman Krebbers, Zakhar Bron and ,Michael Frischenschlager during that time. In 2005, Ms.Shimada graduated from Hochschule fur Musik Detmold with the highest record of Diplom “Konzert Examen”.

Ms. Shimada was awarded the 1st prize of all Japan student national music competition, the special prize from Japan Federation of Musicians, the 1st prize of Japan Mozart competition, the 2nd prize of Japan national music competition, the special prize of 45th International Violin competition“Premio .N.Paganini”, the 1st prize of DAAD prize competition in Germany, Diploma from The Queen Elisabeth International music competition, 5th prize of the International J.S Bach Competition Violin/Baroqueviolin . 
In 2006, Ms.Shimada received the Aichi Prefectural Arts Encouragement Prize from the government of Aichi prefecture and
In 2009, Received the Nagoya city Arts Prize from the government of Nagoya city in Japan.

She participated in the Aspen music Festival with scholarship. At the Saito Kinen Festival directed by Seiji Ozawa, she performed as a soloist Bach and Mozart concerti. Since 1998, she has been invited to the Saito Kinen Festival for many projects and recording sessions every summer.
In 2000 Ms Shimada participated in the concert tour of “East West Baroque Academy” directed by .Walter von Hauwe in Holland and Japan and performed as a soloist with a baroque instrument in the tour. In 2004 and 2005, Ms Shimada made a concert tour in Chile as a member of Detmold Piano Quartet .

As a popular artist from Nagoya, Ms. Shimada plays a main role in a chamber music project at Shirakawa Hall in Nagoya since 2004 and is responsible for programming for concerts and recordings.

Ms.Shimada has performed as a soloist with many orchestras including the Tokyo Symphony Orchestra, Tokyo City Philharmonic Orchestra, Nagoya Philharmonic, Central Aichi Symphony Orchestra, the Royal Academy Sinfonia(U.K), Detmold Academy Orchestra and Orchestre Royal de Chambre de Wallonie(Belgium), Neues Bachisches Collegium Musicum(Leipzig).

She has also given solo recitals and chamber music recitals in Munster and Detmold (title “Meister von Morgen”),Berlin,Tervuren (Belgium) and throughout Japan. She devotes her time in many different chamber music projects. Till now she has collaborated with artists such as Menahem Pressler, Nobuko Imai, Frans Helmerson, Michaela Martin, Friedrich W. Schnurr, Wolfgang Tomboeck, tsuyoshi Tsutsumi .

Most recently, a recording of J.S.Bach ’s solo violin sonata & Partitas album has appeared with Altus music Japan, and Vivaldi's four seasons CD has appeared as 2nd Album (Apr. 2017).

Machiko Shimada is a member of Saito kinen orchestra, Mito chamber orchestra and from April 2013 Solo-concertmaster of Central Aichi symphony orchestra.

she has given the violin " G.B.Guadagnini 1769 " , on loan to her provided by Nonprofit Organization Yellow Angel .

Official web site : www.machikoshimada.com

2016